0%
MENU

鬼追い式

鬼追い式

鬼追い式から除夜の鐘へ

比叡山延暦寺大晦日の恒例行事で、年越しの夜に、燃え上がる炎の周りで演じられる鬼追い式の儀式が行われます。人間の心の悪業である、むさぼり、怒り、ねたみを表す鬼が舞い、それらを修行僧がこらしめ、改心させるという祭礼です。大きな焚き木の炎の周りに出てくる色とりどりの鬼たち。三匹の鬼が、それぞれ人間の心の悪行を表しています。
・黄鬼が笑い鬼で”むさぼり”の心。
・赤鬼がおこり鬼で”怒り”の心。
・青鬼が泣き鬼で”ねたみ”の心。
最後に登場する四匹目の灰色鬼が三匹の悪行の全て備え持つ鬼となります。法力を持って三匹の鬼を改心させた錫杖師と、三匹の鬼が協力し合って、最強鬼を退治する流れで物語が進みます。

鬼追い式

期間
2017年12月31日
場所
比叡山延暦寺 根本中堂
HP
http://www.hieizan.or.jp/archives/2556

SHARE

関連記事